エムドゲイン・ゲル

エムドゲインとは、歯周組織再生誘導原料のことで、新しくスウェ一デンのビオラ社で開発されました。

エムドゲインの内容物(エナメルマトリックスデリバティプ)は幼少期歯が生えてくるときに大事な働きを担うタンパク質の一種です。

歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインを付けると、歯の発生過程に類似した環境を再現します。

こうして、初めて歯が生えたときと同じ様な非常に強い付着機能をもつ歯周組織の再生を促進すのです。

エムドゲイン治療の順番

◆歯周外科手術によるエムトゲインの塗布は
歯肉の切開、剥離、清掃、
エムトゲインの塗布、
縫合
となります。
エムドゲインは、歯の土台をおおい包み、歯周組織の再生を促進します。

◆手術の前に
歯周組織の状況を知るために、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを取ったり、その他治療に必要な検査実施します。

エムドゲインを使った治療ができるかどうかは、歯周病の程度や患者さんの健康状況により個人差が見られますので、主治医とよく相談して下さい。

◆歯周外科手術
手術は抜歯時と同じ、麻酔を使って実施します。
初めはに治療してもらう箇所の歯肉を切除し、切り離します。2番目に歯根表面の清掃、エムドゲインを塗布を経て、最終的に切除した歯肉部分を縫い合わせ、手術は終了です。

手術の所要時間は約1時間前後で、処置後、しばらくの間の休息の後は帰宅できます。
抜糸は手術後1~2週間後に実施します。

歯周外科手術
丈夫な歯周組織にいたるまで、数カ月から1年前後必要です。

この期間は人により異なります。 また歯周病の程度によっても異なります。
術後の予定は患者さんにより個人差があるますので、絶対医師の言うことを聞いてください。

審美歯科にまつわる診療は、「悩みのタネはいかなることか」「どんな笑い顔を得たいのか」をきちっと検討をすることを大前提にして開始します。
患者に対する情報の説明と、患者が下した方法を尊べば、相応の任務がたとえ医者であってもきつく要望されるのです。
例え大人になっても永久歯はむし歯にかかりますが、その構造上乳歯は、永久歯と比較すると酸への耐性が頼りないので、ブラッシングを適当にすると、乳歯のむし歯はすんなりと酷くなります。
やっかいなプラークが蓄積しないよう、歯石の予防を毎日実施する事が、大層大切なポイントです。歯垢の付きやすいところは、丁寧に磨き上げることがことさら肝要です。
歯科技工士が作った義歯の出し入れがやれるということは、経年によって違いをみせる歯と顎関節の症状に適した方法で、修正が施せるということです。

PMTCの利用によって、一般的なハブラシを利用した歯のブラッシングでは完璧に落とせない色素沈着の汚れや、歯石を除く不純物、ヤニなどをほぼすべて取り去ります。
虫歯は、虫歯を起こす菌が歯を溶かすピッチに、再び歯を石灰化する働き(溶け出た歯を元に戻す働き)の進度が劣ってくるとできてしまいます。
広い歯周ポケットという歯と歯茎の隙間には、不潔なプラークが集まりやすく、そのように集中した場合は、歯みがきだけおこなってみても、残念ですが完全には取れません。
ここへ来て歯周病を引き起こす原因を消すことや、原因菌に汚染された場所をきれいにすることによって、組織の更なる再生がみられるような医術が整いました。
数が少ない口腔外科は、その性格として、顎口腔処置を中心に据えているので、内科の処置や精神的なストレス障害等にいたるまで、受け持つ項目は多岐にわたって存在します。

歯に付く歯石は、プラークと異なって硬いために、歯ブラシでの歯磨きでかき取るのがやっかいになるだけではなく、そこが細菌のための場所となり、歯周病を招くのです。
仕事内容に関わらず全ての務め人にも言えますが、例えば歯科衛生士みたいに医療業界に勤めている人は、ことさら勤務中の身だしなみに万全の注意を払わなくてはいけないとみられています。
規則的な日頃の生活を胸に、唾液に因った修復作業に拍車をかけることを読み取った上で、大切な虫歯予防という点を熟考する事が願わしいのです。
ムシ歯になる理由は、ミュータンス菌として研究されている菌による作用です。一度口内にムシ歯菌が現れてしまったら、それをきれいに取り去る事は極めて困難です。
今時はホワイトニングを経験する人が確かに増加していますが、施術するときに使う薬剤が原因となって、歯が凍みるように痛む知覚過敏の症候を生じさせる事が考えられるのです。